先生

綺麗なスマイルを作るためにマウスピース矯正をしよう

切らないインプラント

インプラント

切らないから痛みも軽減

歯を失ってしまった時、差し歯や入れ歯などの方法で歯を作る事が出来ます。また最近ではどこの歯医者でもインプラント治療を行っているのでインプラントの埋入をしようと考える人もいます。しかし差し歯や入れ歯と違ってインプラントは大がかりな手術で痛みもありそうだと感じている人が多く、やってみたいけれど諦めて入れ歯にする人が多いのも現状です。ですが今はメスで切らないインプラントの埋入が可能な歯医者もあります。インプラント埋入というと大がかりで時間のかかる手術というデメリットばかりに目を向けてしまいがちですが、メスで切らずにフラップレスインプラント手術を受けて埋入をすればメスで切らず、手術という大がかりな事をしなくても済ます。通常の手術では歯肉をメスで切って開いてそこにインプラントを埋入しますが、フラップレス手術の場合には専用の器具を使って埋入する歯肉の場所に穴を空けてその穴にインプラントを埋入します。このフラップレス手術を受けると、術後の歯肉の腫れや痛みを軽減する事も出来る上に、短時間で治療が終わるというメリットがある上に、縫合して抜糸をするという事もないので、治療回数が少なくなり、すぐに治療完了出来るというメリットがあります。この治療をする際には最初にCT写真を撮り、コンピューターによって治療計画を立てた後で手術用のテンプレートを作成してから手術を開始します。インプラントを正しい位置に入れるためにもテンプレートの作成は必須です。手術の際、テンプレートを口の中に入れてそのガイドに従って穴を開け、骨を削り、インプラントを埋入、そのまま安定しているようであれば当日に仮歯を入れる事も可能になっています。