先生

綺麗なスマイルを作るためにマウスピース矯正をしよう

大人からできる矯正

模型

日々ケアを怠らず

20歳以上の大人になってから歯列矯正を始める人が急増しています。20歳を過ぎていても遅くはないかなという心配の声がありますが、40歳を過ぎて歯列矯正をする大人もいるほどなので、治療に関して早い遅いは関係ないです。歯列矯正中には数年間歯にブランケットを装着しないといけないです。このブランケットを装着した時点で、口内の清潔を意識して生活を送ることが大事です。ブランケットには食べ物のカスやプラークなどがかなり付きやすくなりますし、ブランケットを装着したての際は口内が慣れない状態ですので、粘膜がぶつかって口内炎が発症しやすくなります。矯正治療をしてくれる先生からも、歯ブラシだけではなく、歯間ブラシや糸ようじにデンタルフロスを活用するように指導を受けます。これらを活用することで発症しやすい虫歯や歯肉炎などを抑えることができます。食後は必ず虫歯にならないように歯磨きの習慣をつけ、虫歯予防のガムをかむことで虫歯菌を口内に残さないようにできます。さらにできる矯正中の予防歯科は、定期的に歯科衛生士によるクリーニングを受けることです。ブランケットについた細かい汚れを機械で月に一度程度綺麗にしてもらえるだけで、口内の清潔さをキープできます。歯列矯正中は虫歯や歯肉炎等ができやすいので、矯正を並行しながら予防歯科にも力を入れると、治療後は虫歯ゼロかつ歯並びが美しいという誰もが羨ましがる健康的な歯へ仕上げることができます。